2018年05月17日

看護師のMさんのこと

看護師のMさんに初めて会った日のことは・・・忘れた。

海浜動物医療センターに就職希望で実習に来た私はかなり緊張していただろうから、Mさんを含め、誰と何を話したかなど、残念ながら、私の脳は覚えていない。ドラマのようにはいかないものです。

でも、Mさんとの出会いは、私に劇的な変化をもたらしました。

病院でなにか問題が持ち上がると、それがどのようなものであれ、Mさんはそのことについて心を痛める。そう、「心を痛める」という表現がもっともふさわしいように、私にはおもえる。まるで自分のことのように、自分の私生活での出来事のように、病院で日々発生する問題や課題に頭を悩ます。

それは、Mさんが海浜動物医療センターをよりよい動物病院にしようと心の底から願っているから、だとおもう。どうすれば、困っている飼い主さんの助けとなるか、どうすれば、もっと飼い主さんの心に寄り添えるか。

私が休み明けで出勤したときに、Mさんが「昨日、こんなことがありました。むずかしい症例でしたが、飼い主さんの心を救えるような方法がもっとあったんじゃないかっておもっていて・・・」、そんな話をすることもあります。

Mさんに出会えたことは、私にとって、感謝してもしきれぬ幸運です。Mさんのその優しい心根や病院に対するおもいに、私は感化されつづけてきた。ともすれば、冷静になろうとしすぎて、科学的に徹しようとしすぎて、飼い主さんや動物から離れそうになることがあって、そんなとき、Mさんからの一言で、私は性急にことを進めようとしていることにはっとしたりする。Mさんの言葉や行動は、私にとってのブレーキではない。私の針路をおだやかに正すやわらかな潮風。

こんなとき、院長はどう考えるだろうか、院長だったら、困っている飼い主さんに「待っていますから、来て下さい」とどんな時間帯であってもそう声をかけるだろう。判断に迷う出来事があるとき、私は2つの観点から考えてきた。
それは(1)飼い主さんが困っているなら、力になろう、(2)院長だったらどうするだろう。そして、最近、私は(3)Mさんはどうおもうだろう、と考えるようになった。

まだまだ未熟で、飼い主さんの心に寄り添えていない私ですが、それでも、さまざまな人たちの力を得て、少しずつ成長していると信じている。Mさんはそのうちの大きな1人だ。

普段、なかなか面と向かって言えないことがある。

Mさん、いつもありがとう。そして、もう少しバランスのとれた食事をとって下さいね。
posted by kaihin-amc at 00:08| Comment(0) | 動物病院

2018年05月15日

コクシジウムと原生生物の世界

k20180515a.jpg

犬・猫の腸に寄生するコクシジウムの写真です。

コクシジウム? 聞きなれない名前だとおもいます。ウィキペディアで検索すると「コクシジウム(球虫、coccidia)類は消化管などの細胞内に寄生する原生生物の一群」とありますが、「原生生物」を正確に理解できる方はどれだけいるでしょう。

そこで原生生物を検索すると「生物の分類の一つ。真核生物のうち、菌界にも植物界にも動物界にも属さない生物の総称である。もともとは、真核で単細胞の生物、および、多細胞でも組織化の程度の低い生物をまとめるグループとして考えられたもの」とあって、この説明を読んでも、すっきりしません。

そこで、「原生動物園」というサイトに飛んでみると、原生生物がすごい生物群だということがわかります。以下、サイト内からの抜粋です。

 かつて生物の世界は、生き方をもとに分類されてきました。多細胞生物か単細胞生物か、 動物か植物か、 というようにです。その流れの中で、「原生動物」とは、単細胞で動物的特徴を持つ真核生物として扱われてきました。

 しかし近年、分子系統解析という遺伝子の配列から生物の系統関係を明らかにする手法によって、原生動物をめぐる分類体系は大きく変わっています。

 原生動物は、藻類や寄生性原虫、その他菌様体制をもつ真核生物とともに「原生生物」という大きな分類群に取り込まれ、更に、その原生生物の分類は、これまで生物の世界で主流とされてきた動物・植物・菌類をも巻き込んだ、大系統分類へと向かっていきます。動物・植物・菌類とは、原生生物が分岐していった枝葉の一部に過ぎず、それを上回る多様性が原生生物の世界には眠っているというのが、現在主流となりつつある考えです。

 原生生物の多様性をもとにした大系統分類において、真核生物は7つの主要グループ(スーパーグループ)に分けられています。アメーボゾア、オピストコンタ、アーケプラスチダ、ストラメノパイル、アルベオラータ、リザリア、エクスカバータです。それに加えて、未だ分類的位置の不確かな原生生物が多く存在します。
ワクワクしますね。肉眼で見えないから気づかないだけで、私たちの世界はまだまだ未知の生物に満ちているようです。

このサイトで閲覧・ダウンロードできる「付録・原生生物151 ポスター」には美しい、あるいは奇抜な形態のいきものたちの写真がのっています。獣医療になじみが深いのは「アピコンプレクサ」のグループですね。
posted by kaihin-amc at 23:22| Comment(0) | ペットの病気

2018年05月11日

『きみのためのバラ』

k20180511d.jpg

予防シーズン真っ最中です。元気なペットたちがワクチン接種やフィラリア検査にやってきていますが、一方で、重い病気の動物たちを連日のように診療しています。

獣医療の限界や自分の力不足で反省することが多々あります。このブログに書こうとおもいながらも、なかなか落ち着いた執筆する時間がとれずにいます。手元に資料も用意してはいるので、次の休日にはがんばって書こうかと。

今日はたまたま美しいバラをみかけたので、写真に撮りました。

バラをみて必ず思い出す本が、池澤夏樹さんの『きみのためのバラ』です。あの日以来、何気なくみかけていた風景でさえ、全く違う意味をもつようになってしまった。きみのためのバラ・・・。世界を愛おしくおもえる小説です。
posted by kaihin-amc at 22:55| Comment(0) | おすすめの本

2018年04月30日

ミミヒゼンダニにも存在理由がある

きょうの一枚は、ミミヒゼンダニという寄生虫の写真です。虫が嫌いな方は「続きを読む」をクリックしないで下さいね(不思議な形をしていますから、できればご覧いただければとおもいます)。

この寄生虫が生きる場所は「猫の耳の中」。猫にとっては迷惑な相手ですが、ミミヒゼンダニにとってはそこだけが生きる世界。耳垢に埋もれて生きて、そこで繁殖をするミミヒゼンダニの世界観というものは、どのようなものでしょう。

自分たちが「宇宙に浮かぶ地球というところ、そこの日本という国の千葉県千葉市で生きている日本猫の耳の中」にいるなんてこと、きっとわからないでしょう。でも、わからないから、下等な生きものということではない。わからないから無意味に殺していいというわけでもない。

それでも、猫にとって不快なミミヒゼンダニを、私たち獣医師は駆虫しなければなりません。駆虫するとき、私はミミヒゼンダニを憎いとおもっているわけではありません。彼らには彼らの生きる理由があるはずです。ただ、それが私たち人間にはわからない。わかっていないのは、私たち人間のほうかもしれません。
続きを読む
posted by kaihin-amc at 22:45| Comment(0) | きょうの一枚

2018年04月28日

病気を克服した動物たちに感謝します

「奇跡のリンゴ」で知られる木村秋則さんが、こんなことをおっしゃっていました。

「それまではリンゴは自分の部下で、上から目線でリンゴのことをみていた。リンゴが全然実をつけず、私たち家族が貧乏になった。貧乏になって、自分がリンゴのおかげで生きてこられたことに気づいた。土下座をしてリンゴに実をつけてほしいとお願いをした」。

そんな趣旨のお話でした。

どのような仕事もそうなのかもしれません。

どんなに立派で高度な獣医療であっても、動物自身に回復する力がなければ、役にたちません。折れた骨同士を架橋するプレードをつけたとしても、それは仮止めに過ぎず、血液が栄養を供給して、骨を修復する動きが出てこなければ、骨はつながらない。膵炎で吐きつづけている動物に点滴や注射をしても、それは動物が膵炎を克服するまでの補助的なものでしかありません。

「治療のおかげで治りました」という飼い主のみなさんからのお言葉は、とてもうれしいものです。そのために私たちは治療にあたっています。

でも、私たちこそ、がんばった動物たちに感謝をしたいとおもっています。むずかしい手術や内科的治療で元気を取り戻したペットたち。そのペットたちを飼い主さんのもとにお連れするとき、よかったなあとおもいます。それと同時に、その動物が回復する力を持っていたことの幸運というか、動物の奮闘というか、そのようなものをありがたいともおもいます。

驕りたかぶるほどの優秀な頭脳は残念ながら持ち合わせていませんが、これからも、謙虚な気持ちで診療にあたっていければと考えています。

ゴールデンウイーク中も通常診療しています。なにかあれば、いつでもご来院・ご相談下さい。
posted by kaihin-amc at 23:23| Comment(0) | 動物病院

2018年04月27日

木曜日の出来事(私の平凡で大切な1日)

木曜日はあっという間の1日でした。以下は極めて個人的な今日の出来事です。平凡ですが、大切な1日でした。

今日は3回、自転車で幼稚園を往復しました(1回目:長男に持たせわすれた体操着を届ける。2回目:次男のプレ幼稚園に参加する。3回目:長男を迎えに)。風が強かったものの、あたたかな日の光で体の細胞が生き返るようでした。

今朝は7時に起床。もっと寝ていたかったが、ずっと前から起きている子どもたちが騒がしい。8時半ごろに妻と長男が幼稚園に出発。

次男といっしょに、妻の実家まで散歩をする。帰宅した妻が、長男の体操着を忘れたので届けるか迷っている。もともと畑の買いものがあったので、私が届けることに。

体操着を届けたのは10時10分ごろ。

その足でホームセンターにいって、野菜の苗(キュウリ・トマト)、種(キュウリ・エダマメ・トウモロコシ)、根ショウガを購入。12時に帰宅して急いで昼食をとる。

12時30分にプレ幼稚園に向かい、14時20分ごろ帰宅。

14時45分に再び幼稚園に出発。長男を迎えるが、自転車での移動中、おもちゃの部品を落としたらしい。後部座席で寝てしまった長男を乗せて、もときた道を引き返しながら、小さな部品を探す。そんなことをしていたら、帰宅できたのは17時ごろ。休みの日は私が料理を作る当番(当番、というよりも、私が作りたいと妻にお願いしている)。親子丼を作る(「おいしいからおかわり」と長男が言ってくれた)


長男をお風呂にいれて、寝かしつけようとしたら、自分も寝入るはめに。22時すぎに目覚める。シャワーを浴びて、おそい夕食をとる(子どもたちだけが食事を済ませていました)。

お腹が落ち着いたところで、幼稚園のお誕生日会の報告書を作りはじめる(妻からの依頼)。

やっと自由時間。気がつけば、0時を回っている。

少なからぬ人たちがそうだとおもいますが、時間というのはままならぬものですね。それでも、子どもたちが健やかに育っていること、それを少しでも手伝えたこと、それだけで今日1日の意味があるというものです。

明日、私畠はお休みをいただいております。ご迷惑をおかけします。
posted by kaihin-amc at 01:04| Comment(0) | 日記

2018年04月23日

ゴールデンウイーク中の診療について:通常診療いたします

ゴールデンウイーク中も通常診療します(木曜日はいつもと同じように休診日です)。

最近、連休中の診察についてご質問を頂戴することが多いので、お知らせしました。

ブログ更新が滞っております。お伝えしたいことはいろいろとありますが、あわただしい毎日の中で、気がつけばもう夜も遅い時間・・・ということになって、なかなか記事を執筆できずにいました。

私の日常はある程度ワンパターンです。朝6時に起床、6時半に家を出て、3つの電車を乗り継いで、病院に到着。電車内では Podcast で科学や医療、時事問題に関する配信を聞いています。

夜はだいたい22時前後に帰宅。食事、風呂をすませて時計をみると、だいたい23時。就寝は0時前後。眠るまでのこの貴重な1時間を使って、子どもに手紙を書いたり(休日以外はなかなか顔をあわせられないので、日記のような形で手紙を書いています)、本を読んだり。勉強も習慣化していたのですが、肺炎になってからは、あまり無理をしないようにしています。

私の次の休みは木曜日。休みの日の夜にはまとまった時間がとれます。木曜日の夜にはしっかりとした記事をアップする予定です。もう少々お待ちいただければとおもいます。
posted by kaihin-amc at 23:30| Comment(0) | 日記

2018年04月19日

区民農園にいってきました

k20180419b.jpg

今日は借りている区民農園にいってきました。畝をたて、肥料を施して、マルチをはってきました。

借りている広さは 3m×5m というささやかなものですが、素人の私でも、それなりに時間をかけてやれば、収穫期には十分量の野菜がとれます。

1週間ほどして畝の温度が安定したら、野菜の苗を植えはじめる予定です。今シーズンはキュウリ・トマト・ナス・トウモロコシ・エダマメ・ショウガ・インゲンなどを育てようかとおもっています。

posted by kaihin-amc at 23:25| Comment(0) | 日記

2018年04月18日

とある休日

いまは夜中の1時半。熱を出しているのに、夜になっても元気に動き回っている次男を寝かしつけようと、部屋の明かりを落としていたら、夫婦ともどもいつの間にか寝入っていました。

さきほど、ふと目を覚まして、子どもたちのオムツを替え、汗っかきの長男のシャツを取り替え、洗濯物を乾燥機にかけました。

いまはお茶を飲みながら、この記事を書いています。

休日は子どもたちとずっと一緒にいることが多い。長男はお父さん子なので、幼稚園以外の時間は、私とずっと一緒にいます。夜、布団に入るまで、子どもたちはエネルギー全開。限界ぎりぎりまで元気いっぱいに遊ぶので、付き合うのもなかなかに大変です。

休日はそんな子どもたちとの交流であっという間に終わる。子どもたちが眠ったあと、やっと自分の時間になる。ほっと一息というところですが、こんな毎日を、子どもを持つ母親というのは、365日過ごしているのだろうとおもう。育児だけでも大変なのに、掃除・洗濯・炊事をしっかりとこなす妻は偉いなあと感心します。

水曜日は出勤します。おやすみなさい。
posted by kaihin-amc at 01:48| Comment(0) | 日記

2018年04月09日

きょうの一枚:まるみちゃん

k20180409.jpg

リハビリにやってきた、まるみちゃん。今日もお利口にリハビリ中です。

いつも子犬のような愛らしい表情。スタッフはみんな、まるみちゃんの姿を見かけるたびに、声をかけていきます。
posted by kaihin-amc at 22:47| Comment(0) | きょうの一枚