2017年02月26日

たまには映画の話 恋愛映画とか

k20170226.jpg

今回は映画の話。

最近はとんと映画をみていませんが、ときおり思い出す映画は幾つかあって、たとえば、印象的なシーンだったり、美しい音楽だったり、気の利いたセリフだったり、そんなものが頭のなかで映像や音像をむすびます。

「人生トップテンの映画をあげてみて」と言われたら(そんなことを聞かれることはなさそうですが)、次の作品は必ず入れておきたいとおもう。

「GATTACA」
「セント・オブ・ウーマン」
「ビフォア・サンライズ」
「素晴らしき日」
「恋愛小説家」
「いまを生きる」
「いのちの食べかた」

この中でダントツなのは、「GATTACA」。この映画については、次回お話しします。私が獣医師を目指すきっかけのひとつにもなった映画です。

恋愛映画が目立ちますね。若いころに、こうした素敵な映画をみていたら、もっとセクシーというか、女性をもっと上手にエスコートできたのだろうなあ、とおもいます。映画は人生の教科書、ほんとうにそうですね。

イーサン・ホーク主演の映画も多い。別に彼のファンだからではありません。

このなかで「いのちの食べかた」は、いのちを考えるうえで、とても勉強になったドキュメンタリー映画です。セリフもナレーションもない、映像の現場の音だけが流れる。この作品については、別の機会に触れる予定です。

もう何年も映画館に足を運んでいません。小さな子供たちには暗い映画館はむずかしい。妻に子供を預けて、一人で映画館、というのは心苦しい。いつかみんなで映画を楽しめる日が来ることを心待ちにしています。
長男はもう少しで4歳。次男はそろそろ1歳。

posted by kaihin-amc at 23:40| Comment(2) | 映画

2017年02月23日

地球外生命の可能性?

k20170223.jpg

地球から40光年はなれたところに、生命体が存在するかもしれない惑星を発見した・・・そんなニュースを耳にしました。



冷たい・暗い宇宙に孤独にうかぶ地球以外の星にも、生きものの星があるかもしれない。もしそうだとしたら、すごいことですね。

宇宙の本といえば、SF小説『星を継ぐもの』がとても面白い。細部にいたる科学的記述と思索がいいですね。

写真は国立科学博物館で撮影した細胞モデル。
posted by kaihin-amc at 22:56| Comment(0) | 動物病院

2017年02月21日

ふわふわがやってきました

k20170221a.jpg

3週齢のネザーランドドワーフです。もこもこ、ふわふわ。

k20170221b.jpg


posted by kaihin-amc at 15:33| Comment(0) | 動物病院