2017年07月25日

昆虫の形ってすごいなあ

k20170725d.jpg

お休みをいただいている今日は、昆虫の造形美というか、不可思議な形に感動した一日でした。
カブトムシに触り放題という、カブトムシにとっては過酷なイベント「大昆虫展 in 東京スカリツリー」にいってきたのですが、会場には実にさまざまな、保存状態のいい昆虫の標本が展示されていて、長男がカブトムシに夢中になっているかたわら、僕はその虫たちの写真撮影に熱心になっていたのでした。

k20170725e.jpg

世界にどれほどの昆虫がいるかわからないほど、地球上には昆虫が満ちています。「虫」と聞いただけで、ぞっとする女性がいることは承知してこの記事を書いていますが(申し訳ありません)、私たち哺乳類にとって、昆虫は食物連鎖で重要な位置をしめる生物です。近年は、将来の食糧危機に対して、昆虫が大事なタンパク源になるという主張もあります。

k20170725a.jpg

このグラデーションの見事さ。

k20170725b.jpg

自然が生み出す、形や色の不思議。

k20170725c.jpg

宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」に登場する、蟲(むし)を思わせる形です。

どうしてこんな形をしているのだろう、美しい色はどうして必要なのだろう。

posted by kaihin-amc at 21:47| Comment(0) | 日記

2017年07月24日

注意喚起:「マダニ感染症、猫から感染 女性死亡」

ペットを飼っている方、野良猫などと接触する方に、厚生労働省から注意喚起のリリースが発表されています。厚労省のリリースはわかりづらいとおもいますので、日本経済新聞社の電子版より記事を引用いたします。
 厚生労働省は24日、野良猫にかまれた50代の女性がマダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症し、10日後に死亡していたと発表した。かまれたことが原因とみられ、猫からヒトへの感染事例が明らかになるのは初めて。
 厚労省や国立感染症研究所によると、女性は西日本に在住。昨年、衰弱した野良猫を動物病院に連れて行こうとして手をかまれた。数日後にSFTSを発症したという。女性がダニにかまれた形跡はなく、感染研は野良猫が最初に感染し、女性にうつしたとみている。
 これまでSFTSは森林や草地に生息するマダニに人が直接かまれることで感染すると考えられていた。
 厚労省は今年に入り、SFTSウイルスに感染し、発症した飼い猫と飼い犬も確認。感染はまれで、屋内で飼っている猫にはリスクはないとしているが、屋外にいる体調不良のペットに接触する場合は注意するよう呼び掛けている。

リリースでは「これらの事例は、稀な事例」とされていますが、「発症したネコやイヌの体液等からヒトが感
染することも否定できない」としています。

今回発症した猫の詳細な獣医学的な情報を知りたいところです。
なお、臨床獣医師や看護師などに対しては、以下の通知がなされています。
1 明確な基準はないが、患畜において発熱、白血球減少症、血小板減少症、食欲消失等の症状が認められ、さらに入院を要するほど重症(自力採餌困難等)で、かつ他の感染症が否定された場合に、SFTS ウイルスの感染についても疑う。
※確定診断にはウイルス学的な検査が必要です。検査方法等、技術的な内容の相談は 国立感染症研究所(info@niid.go.jp)にお問い合わせください。
2 SFTS ウイルスに感染した疑いのある患畜の取扱にはPPE(手袋・防護衣等)により感染予防措置をとり、汚物等を処理する際には次亜塩素酸ナトリウム含有消毒剤による処理やオートクレーブなどの加熱滅菌処理を行う。
3 日常的な対策としては、飼育ネコ・イヌを介した感染はまれと考えられること、屋内飼育ネコについてはリスクがないことから、過剰に飼育者の不安をあおらないように配慮しつつ、飼育者に対するダニの駆除剤投与についての指導を徹底し、飼育者は、ネコ・イヌの健康状態の変化に注意し、体調不良の際には動物病院を受診することを勧奨する。

診断基準が定まっていない点が、獣医師にとってむずかしい問題になりそうです。「発熱、白血球減少症、血小板減少症、食欲消失等の症状」は、あるタイプの免疫疾患に特徴的な所見ですし、「他の感染症が否定された場合」というのも、病原体の遺伝子検査の結果が出るまでには時間がかかりますから、その間の対応に苦慮しそうです。

ともあれ、咬まれないようにする、体調が悪そうなら受診する、といったことは、特別なことではありませんから、基本的なことをまずはこころがければいいのでしょう。

取り急ぎ、情報提供まで。
posted by kaihin-amc at 23:24| Comment(0) | 動物病院

2017年07月18日

このブログを執筆している私の最近の話

k20170718.jpg

ブログ更新が滞っていました。しっかりとした記事を書こうとおもっているものの、帰宅後にはパソコンをいじる体力が残っておらず、知らぬ間に、前回更新から2週間以上もたっていました。

私たちの診療は完璧ではありませんが、それでも信頼して下さる飼い主のみなさんのおかげで、日々、いろいろな動物たちの病気をみることができています。昼休みは検査・手術がたて込むことが多いので、昼休みを使ってのブログ更新ができずにいます。

と、言い訳がましいことを書いたついでに、私の個人的な話を書きます。

街中にはいろいろな動物病院があって、飼い主のみなさんはどこの動物病院を選択すればいいか、迷うこともあるとおもいます。診療レベル・設備・料金など、いろいろと気になることがあるでしょう。そのなかでも、どんな獣医師や看護師がいるのか、病院の雰囲気はどんなものかは強い関心ごとだと想像します。

そこで、私の近況を書いて、少しでも病院選択の一助になればと思った次第です。もちろん、スタッフの一人にすぎない私が病院全体を代表するわけではないので、私だけの情報をアップするのがいいことなのか悪いことなのか、判断にむずかしいところです。

写真はつい先日、撮ったものです。場所は私が住んでいる東京都江戸川区の公園。4歳の長男とのツーショットです(スマホでシャッターボタンを遠隔操作。最近のカメラは便利です)。

私の家族は妻、長男、次男(1歳4カ月)の4人家族です。妻は民間の介護施設で働いていましたが、いまは育児に専念しています。

長男は(私から言うのもなんですが)かなりのお父さん子です。私と会えない日が多いのですが(私は朝6時半に家を出て、帰宅は夜10時以降のことが多い。夜はほぼ確実に子どもたちは寝ています)、朝会えた日には、長男は「お父さん、お仕事いかないで」と涙を浮かべます。いまは、長男にあてたお手紙ノートなるものを作って、翌朝、妻に代読してもらうようにしています。

休日は、そんな長男と1日ずっと一緒に過ごします。近場の公園で遊んだり、年間パスポートを持っているすみだ水族館にいったり、おもちゃ売り場でミニカーを買ったり。チョコレートやおもちゃをねだる長男に結構簡単に妥協します。妻よりも格段に甘い私です。

コーラが大好き。夏は1日1リットルは飲むかな(いまもコーラを飲みながら、この文章を書いています。お気に入りのマグカップで飲むコーラはなおさらおいしい。ここのマグカップとコーヒー、おすすめです)。

音痴です。カラオケが大の苦手。音楽を聞いていて、頭の中に映像が浮かぶことはありますが、絵をみていて、音が頭の中で流れることはない。音楽を何週間も聴かなかったとしても、ストレスにはならない。美しい風景や写真を長期間みなかったら、ストレスになる。いい文章を読みたいと渇望することもある。簡単にいえば、音には結構いい加減というところかな。

K-MUSICLIFE はたまに再生するチャンネルです。

ふだん、テレビはほとんどみません。結婚する前は、自宅にテレビを置いていませんでした。スマホもあまりいじりません。

雑誌はナショナルジオグラフィック日本語版を定期購読中。日経サイエンスは特集内容によって買うことがあります。土日のみ、売店で日本経済新聞を購入します。美しい文章などがあると、新聞を切り裂いて、保存しておきます。昔は丁寧にファイリングしていましたが、いまは適当に積み重ねたまま。

最近心に残った文章を紹介して、今回の記事をおわりにします(日本経済新聞7月15日付朝刊、40面より抜粋。若松英輔さんの著作を早速注文しました)。

文芸評論家の若松英輔が初めての詩集「見えない涙」(亜紀書房)を刊行した。身近な人を失った悲しみや心の痛みをうたう内容で、災害や戦争で命を落とした人々への鎮魂歌のようでもある。
 <人は/さっき/会ったばかりの人とでも/喜びあえる/だが/悲しみは違う/大切な人とは深く/悲しみを分かち合うとよい>(「邂逅」)。詩語はあくまで平易で、重厚な評論をものしてきた書き手が意外なほど純な言葉を紡いでいる、「これまで本を書いてきたが、そこには入りきらないものを詩にした。難しい言葉では届かない。自分が”通路”になって、そこを通り過ぎていく様々な思いを、誰にでもわかる言葉で書いた」と若松はいう。

posted by kaihin-amc at 21:05| Comment(0) | 日記