2017年10月30日

「動物たちの箱舟』

子犬や子猫、子うさぎ・・・病院にやって来る幼い動物たちはとてもかわいらしい。やわらかで、眼も毛も光沢感があって、まぶしいほどです。

かわいいなあ、とおもうと同時に、犬でも猫でも、人間とは違う形の見事さに不思議だなあ、美しいなあと感じます。

どんないきものでも、その生き方や生息環境に適した形や色をしています。それは私たち哺乳類だけではない。昆虫も魚も鳥も。

ジョエル・サートレイ『PHOTO ARK 動物たちの箱舟 絶滅から動物を守る撮影』はそうした動物たちの美しさを切り取った写真集です。絶滅の危機に瀕しているいきものたちを、写真で残そうという写真版ノアの箱舟。世界中の施設にいる動物たち1万2000種を25年かけて撮影するプロジェクトで、その一部が写真集となったそうです。アマゾンなどで一部を閲覧できるので、ぜひ。
地球上には30万種前後の植物が存在するが、命名され、分類されているのは全体の3分の2あまりだ。一方、動物は120万種が発見されているが、この数は氷山の一角に過ぎないと考えられている。現在までに発見された動物の95%以上は無脊椎動物で、そのほとんどは昆虫だ。
脊椎動物は、魚がおよそ3万種、両生類6000種、爬虫類8250種、鳥類1万種、哺乳類5420種といわれ、すべてを足しても6万種に満たない。それに対し、甲虫は35万種も確認されている。このように、脊椎動物は地球上に暮らす生物種のほんの一部なのだが、私たちには脊椎動物こそが主役のように映る。それは、身体的特徴や行動パターンが人間と似ているからだろう。人間の遺伝子の70%以上は魚と同じで、80%以上がオオカミや野生のラクダと同じだ。これらの背骨を持つ動物たちは私たちの親戚であり、広い意味では一つの家族、ひいては私たちの分身ともいえる。未曾有の激しい変化が起こっている今の時代、私たち自身の行く末も心配だが、私はこれらの生物の未来にも不安を感じる。(同書、ダグラス・H・チャドウィック氏の寄稿文より)
少しかたい話になりました。かたい話ですが、とても大切なことですよね。

ところで、飼い主さんから「好きな動物は何ですか」と聞かれることがあります。どの動物もそれぞれの美しさがあって好きですが、特に好きなのはザトウクジラ、冬のオオカミです。学生時代はニホンイノシシの研究にかかわっていました。
posted by kaihin-amc at 22:52| Comment(0) | おすすめの本

2017年10月28日

土曜日はお待たせしました

また台風が近づいていますね。

天気が崩れたり、気圧の変化があったりすると、動物たちも影響を受けることがあるようです。土曜日、病院には具合の悪い犬や猫たちが何頭もやってきました。緊急対応で一般診療に人手が回らず、診察開始までお時間を頂戴した飼い主さんもいらっしゃいました。ご迷惑をおかけしました。

明日日曜日も気が抜けなさそうです。

自宅にナショナルジオグラフィック日本版11月号が届きました。私が定期購読している唯一の一般誌です。今回の特集は翼竜です。面白そうな記事があれば、こちらで紹介したいとおもいます。

The New York Times に " A Turkey-Size Dinosaur With a Raccoon-Like Bandit Mask " という記事がアップされています。翼竜は正確には恐竜ではないですが、関連ものとして。
posted by kaihin-amc at 23:35| Comment(0) | 動物病院

2017年10月26日

「コウノドリ」を少しだけみて

同僚のN獣医師から、ドラマ「コウノドリ」に登場する主人公(綾野剛さん)の、病気を告知するときの言葉というか、言い方というか、話しぶりというか、それがとても素晴らしいと聞いた。

いま、シーズン2がはじまっているようだが、シーズン1の初回を少しだけみた(次男が昼寝から覚めたので中断)。妊婦の破水、緊急帝王切開、そして産声。もうそれだけで私は泣いた。どんなふうであろうと、命が誕生することは泣かずにはいられない。出産よりすばらしいことなんて、世の中にないとおもう。

まだ、綾野剛さんの素晴らしい語り口を聞いてはいないが、少しずつでもドラマをみていこうとおもう。

ところで、休日だった今日は少しだけ読書ができた。朝、読んだのは「統合失調症のひろば編集部」編『中井久夫の臨床作法』。中井先生は私にはわからないほどの優れた精神科医だそうですが、先生の著作の数々の言葉にはうならされることが多い。文庫本でも付箋だらけになる。

この本の序文は、精神科医・星野弘先生によるもの。
「医者は患者の弁護士であらねばならない」とも先生は言った。病んでいる弱者には医者が力を貸さなければ患者に味方する者が足りないということであろう。
分野が違うとしても、素晴らしい仕事をなさっている方から学ぶことは、本当に多いです。

posted by kaihin-amc at 22:46| Comment(0) | いろいろなこと