2018年01月30日

『星を継ぐもの』 『FULL MOON』

k20180131b.jpg

ペットにも救急車があれば、飼い主もずいぶんと助かるだろうとおもう。

つい先日、次男が熱性けいれんを起こした。妻が救急車を呼んで、地域の基幹病院で治療を受けた。救急車という制度、救急に応じる病院の存在・・・本当にありがたいとおもいました。

もちろん、そうした制度を維持するためには、相応のコストが必要で、そのコスト負担を受け入れるかどうかは、その国や地域の人々の価値観や必要性、政治の判断によって違うだろうとおもう。

k20180131a.jpg

31日は皆既月食がみられるといいですね。地球から38万4400km離れている月ですが、光なら1.3秒で到達する。

月と聞いて思い出す本は2冊。ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』。月面調査隊が月で発見した死体は5万年前に死んだ人間という事実からはじまる、3連作の1作目。とてもおもしろいです。2冊目はマイケル・ライト『FULL MOON』。宇宙飛行士がハッセルブラッドで撮った月面。美しい。あまりに美しい。

posted by kaihin-amc at 21:40| Comment(0) | おすすめの本

2018年01月25日

先日の雪

k20180125h.jpg

なかなか落ち着いてブログを書けずにいました。来院件数が少ない日でも、状態の悪い動物の治療に集中していたり、仮眠をとりながら入院動物の様子をチェックしたり、気が抜けない日がつづいています。

先日の降雪、みなさんはお怪我などされませんでしたか。

私が住む東京・江戸川区でも、東京としてはなかなかの雪が積もっていました。今日は雪が降った翌朝の写真をアップします。

k20180125d.jpg

どなたが作ったかは知りませんが、すごいですよね。

k20180125e.jpg

雪を空にむけてみる。

k20180125a.jpg

駅前の街路樹です。
posted by kaihin-amc at 22:59| Comment(0) | いろいろなこと

2018年01月22日

『抗生物質と人間』

k20180121.jpg

「毎日勉強と読書をする」という新年の目標をなんとか守っています。机の上に広げた本の上に顔を沈め、いつの間にか寝入っていることもありますが、なにか新しいことを知るのは面白い。

山本太郎『抗生物質と人間』(岩波新書)は最近読んだ一冊です。抗生物質の投与が腸内細菌のバランスを崩し、生活習慣病などの病気を生み出しているのではないか、という内容です。まだ裏付けとなる研究データは十分ではないようですが、人間でも動物でも、ここのところ、腸内細菌の研究が活発になっています。

私は日々、来院する動物たちに抗生物質を処方します。皮膚や尿路、結膜や肝臓、そのターゲットとする臓器や細菌はいろいろですが、常に抗生物質を使わないですませられるか、考えます(動物の自然治癒力で治るのが一番いい)。

ところで、動物の成長を早める目的で、抗生物質を投与していることをご存知ですか。そうした目的での抗生物質の使用を見直そうという動きも出ています。その話は後日。
2012年時点における日本国内の抗生物質年間使用量は、有効成分量で総計1700トン前後。うちヒト医療用抗生物質は約520トンであるのに対して、家畜医療用での使用は約720トンとなっている。さらにいえば、成長促進を目的とする家畜飼料用添加物としての抗生物質は約180トンにも上る。
たまにはプライベートの写真。私が帰宅する時間には、子どもたちは眠っています。写真は今日の様子です。子どもたちのしあわせを守るため、より一層仕事をがんばっていこうと日々考えています。
posted by kaihin-amc at 00:16| Comment(0) | 動物病院