2016年05月20日

海浜動物医療センターのブログをはじめます

kaihin001.jpg

はじめまして。海浜動物医療センターの副院長、畠賢児(はたけんじ)です。本日より、当院のブログをはじめます。動物病院での出来事、私が日ごろ考えていることや感じていることをお伝えしようとおもっています。
自己紹介のかわりに、私の愛する詩人の詩をひとつ、ここで紹介いたします。

花々のあいだ、青葉のなか、暗い木の枝。
石ころだらけの狭い山道、日に照らされた荒地。
高い草、深い沈黙につつまれた野ッ原。
虫の羽音がさかんに暖かな空気を震わせている。

何一つ、孤立したものはない。
この地上で、生きる理由と究極の目的を
自分のうちにしかもたないものなんてない。
ものみな、無限のかかわりを生きているのだ。

           長田弘「ファーブルさん」より一部抜粋

「無限のかかわりを生きている」、いい言葉ですね。

ひょんなことから、いままで赤の他人だった人に出会い、その人が自分の人生を左右する存在になったり、恩師になったり、生涯の伴侶になったり。生きていることはかかわりを作ることとおなじなのかもしれません。

そして、ある日、いつか家族の一員となるペットに出会い、新しいかかわりが生まれる。

ペットショップでかわいらしい姿に一目ぼれ、というのもいい。あるいは東南アジアの森で死にかけていた子猫を保護したり、極北の地でさまよっていた野犬とともに帰国したり、団地の片隅でか細い声で鳴いていた子猫を引き取ったり・・・ときに飼い主が明らかにする出会いの形はさまざまです(私の場合は、大学の動物病院で輸血用の猫として10年以上狭いケージで生きてきた猫の里親になる、死が間近に迫っていた実験犬の引受人になる、そんな出会い方をしました)。

飼い主とペットのかかわりの形は、その数だけあるでしょう。今度は動物病院にやってきたとき、飼い主とペットの間にあったかかわりに、動物病院とのかかわりが結びつきます。私たち動物病院のスタッフは、そのかかわりがよりよいものになるよう、常に願い、そして、日々誠実に職務を全うしたいと考えています。

写真は保護犬、夏子(なつこ。シーズーとチンのミックス)。認知症の方が面倒をみきれず、糞尿まみれのところを発見され、やってきました。
posted by kaihin-amc at 17:00| Comment(4) | はじめまして
この記事へのコメント
畠先生、こんばんは!
本日診ていただきました、ポーリーとルージェイの家族です。
いつも歴代の我が家のワンコたちをありがとうございます。

すごく素敵なブログなので、これからも楽しみにしています!
(母も素敵なブログねって言っておりました。)
というわけで、こちらのブログ、拡散させていただきます。
マイペースにブログ更新してください〜。

今後も我が家のワンコたちをよろしくおねがいします!
Posted by こあぴ世 at 2016年05月22日 22:21
こんばんは。早速、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
ポーリーちゃん、ルージェイちゃんがよりしあわせになれるよう、尽力していきます。今日も元気な様子をみられて、一安心しました。
今後もブログを更新してきます。こんな話題を取り上げてほしい、といったご要望があれば、ぜひお寄せ下さい。
Posted by 畠 at 2016年05月22日 22:35
畠先生
いつもお世話になっております。
ビーグルのぽっきーの家族です。
一時期はかなり太っていて呼吸もぜいぜいしていたのでどうしようかと悩んでおりましたが、先生のアドバイスもありダイエットの効果も少しづづ出てきました。おしりのお肉がすっきりするまでぽっきーと共に頑張ります!
最近、犬仲間が突然具合が悪くなって亡くなったと言う事を耳にする機会が多くなりました。
皆、シニア犬なのでこれからの愛犬との暮らし方を考えさせられます。
飼う時は、楽しいですが、亡くなると辛いですね。
今後ともダイエットを含めアドバイスをお願い致します。
Posted by 秋田 匡代 at 2017年05月31日 15:42
秋田さん、こんにちは。
ぽっきーちゃんのダイエット、がんばっていますね。病院に来るたび、少しずつお肉がとれて、動きがより敏捷になっていることがわかります。ぽっきーちゃん自身も、とても楽そうですよね。
だいすきなお食事を制限することは大変だとおもいます。秋田さんのおかげで、ぽっきーちゃんも長生きできそうですね。そのお手伝いができれば、とてもうれしいです。
Posted by 畠 at 2017年06月01日 10:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。