2017年04月05日

こじま公園で桜をみる

k20170404c.jpg

靖国神社の桜は満開のようですが、海浜動物医療センターのまわりの桜はやっと咲きはじめたところです。気温があがってきているので、今週中にはどの枝にも桜の花が満ちるのでしょう。ワクワクします。

20170404b.jpg

桜は花を咲かせたあとに葉をつける。私の知識では、植物はまず葉っぱをつけて光合成をおこない、開花・結実のための栄養を蓄えるとおもうのですが、桜は逆の順番です。

桜と聞いて、私が思い出すのは、浮世絵とか土手のことです。浮世絵の版木は、桜の木です。かたい木質があうそうです。
桜は根を伸ばして、土をかためるので、江戸時代には土手に植えた、なんということを聞いた記憶があります。

k20170404a.jpg

樹木の陰を美しいとおもうことがあります。葉や花をつける前の、しなやかな枝がほうぼうに広がっている陰がいい。陰から、木の姿を想像するのもおもしろい。
posted by kaihin-amc at 01:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。