2017年04月20日

僧帽弁閉鎖不全症の話 - 2

Diagram_of_the_human_heart_(cropped)_ja.jpg

僧帽弁閉鎖不全症の話をします。

長い病名です。簡単にいえば、僧帽弁という場所に問題があって、その弁がしっかりと閉じていない状態ということです。

その僧帽弁があるのが、心臓です。

絵をご覧下さい。僧帽弁は見つかりましたか(変わった名前ですよね。ウィキペディアによると、カトリックの司教がかぶる冠に形が似ているところに由来しているそうです)。

この僧帽弁がしっかりと閉まらない=閉鎖不全におちいっている、というのが僧帽弁閉鎖不全症です。

僧帽弁が閉まりきらないと、なにが問題なのでしょう。

絵でわかるように、心臓にはいろいろな部屋や血管があって、複雑な形をしています。複雑な形はしていますが、そこを流れる血液は一方通行です。一方通行の道路を車が進んでいるイメージです。一方通行の道路を逆走する車があったら事故がおこりますよね。

心臓にとっても、血液が逆行することは困ることです。そうならないよう、心臓には僧帽弁などのパーツがあって、血液の流れをコントロールしています。

再び絵をご覧下さい。僧帽弁は左心房と左心室を隔てる「ドア」の役目を持っています。(1)左心房に来た血液は、僧帽弁を通って、左心室にいきます。(2)左心室に入った血液は大動脈に向かいます。この(2)のタイミングのとき、僧帽弁はしっかりと閉じきっているので、血液は大動脈に向かうしかありません。

ところが、僧帽弁閉鎖不全症では、(2)のときに僧帽弁が閉じきっていないので、血液が大動脈と左心房両方に流れることになります。つまり、左心房に逆流するわけです。

さて、血液が逆流すると、何が困るのでしょう。次回は困ること、つまりは症状についてお話します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

更新が滞っていました。

自宅のパソコンのマウス・キーボードが故障して、記事を書けずにおりました(ワンパク小僧たちのしわざです)。Macの新品はかなり高いので、中古で取り寄せていました。ひさびさに打つキーボードはいいですね。スマホは苦手ですが、私はキーボード入力が好きです。

キーボードに触れたのは、ワープロ時代の中学生のころ。下手な絵や小説を友人とかいて、雑誌を作ったこともあります。あのころ親しかった友人とは何十年も連絡を取り合っていません。元気にしているだろうか。おなじように、ふとしたときに、過去を思い出しているだろうか。

posted by kaihin-amc at 19:33| Comment(0) | ペットの病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。