2017年05月15日

「人工子宮をヒツジで開発」

k20170515.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版に「人工子宮をヒツジで開発、ヒトに使える?」と題する記事がありました。
早産児の治療を大きく前進させそうな成果がもたらされた。米国の研究チームは25日、ヒツジの胎児8匹が人工子宮内で4週間生存し、発育したと科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に発表した。同種の研究で動物が生きた期間としては最も長い。
 報告によると、子ヒツジの肺やその他の内臓は母親の子宮の中と同じように発達し、早産児を生かすために現在使われている保育器と人工呼吸器を使った場合と比べると、大幅に改善したという。研究に使われた子ヒツジのうち数頭が成長し、1頭はすでに1歳を過ぎている。

こうした研究には「(人の)超早産児の健康な発育」につなげる目的があるそうです。「人の平均的な妊娠期間は40週。だが、米国では毎年約3万人の赤ちゃんが26週未満で生まれる。生きられるかどうかの境界線にあと少しで届きそうな22〜23週の赤ちゃんはたいてい450グラムほどしかなく、生存の可能性は50%を下回る。命を保った子どもも、多くは肺疾患や脳性まひをはじめ、さまざまな重い障害が残る」。

科学技術の進歩によって、いままで助けることのできなかった命を助けることができるようになりました。すばらしいことです。高度な医療をだれもが受けられるわけではありませんが、以前は特別だった技術や薬が少しずつ普及して、いつしかだれもが当たり前のように享受できるようになることは多々あります。

ただ、喜ばしいとともに、人はどこまで生死をコントロールしていいのだろうか、とおもうのも事実です。手塚治虫氏のブラック・ジャックの恩師、本間丈太郎の言葉を思い出します。
人間が生きものの生き死にを自由にしようなんておこがましいとは思わんかね

この研究は、キアヌ・リーブスが主演した映画「マトリックス」のような、人を容器の中で育てるものではないという。外界で生きられる状態にまで一時的に育てるシステム、という位置づけらしい。

話は変わりますが、キアヌ・リーブス主演の映画「スウィート・ノベンバー」はいい作品です。その中のセリフに、こんな言葉があります(あやふやな記憶なので、細かな点が間違っていたら、ごめんなさい)。
Life will never be better , or sweeter than this.

陽光やわらかなサンフランシスコの坂道、ふっと、そして、そう、自分がしあわせであることに気づいた、キアヌ演じる主人公の言葉です。何気ない日常のしあわせにひたるとき、私はついこの言葉を口にします。

Life will never be better , or sweeter than this.

posted by kaihin-amc at 23:34| Comment(0) | いろいろなこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。