2017年06月01日

ありがとうございます

k20170531.jpg

今日は個人的なことを冒頭に書きます。ご了承下さい。

先日、病院での全体会議を終え、渇いたのどをコーラで潤そうと立ち上がろうとしたら、看護師からサプライズの誕生日カード+コーラのプレゼント!

42歳。節目の年でもない。別にいつもと変わらぬ誕生日なのに、気づかぬうちに、こんなメッセージカードを用意してくれていたなんて・・・。

「いつもありがとうございます」。

お礼を言いたいのは、僕のほうです。あわただしい日々の中で、僕が仕事をできているのは、大勢のスタッフたちのおかげです。肩書きは副院長だけれど、ひとりでは何もできない。

こんなふうに、サプライズで祝ってもらえたのがはじめてで、そのときには上手にお礼を言えなかった。とても、とても感謝しています。

これからも手を抜かず、一生懸命に働きたいとおもう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一般のイメージはどのようなものかわかりませんが、動物病院の仕事というのは、給料という点だけみれば、専門的知識・技術、時間的拘束、精神的負担に見合ったものではありません。

新人の頃は手取りが20万円もなかったので、奨学金の返済(私立の獣医大学の学費は1000万円以上)やら家賃を払うと、ほとんど手元にお金は残らなかった。ほしい本が買えないので、大学の図書館でコピーしたり、図書館に1日入り浸ったりして、どうにかこうにか、つじつまをあわせていた。銀行の預金残高が1000円を切ったこともあって、公共料金はいつも遅れて支払っていました。まあ、それはそれで、スリリングで今となってはいい思い出です。

見合ったものではありませんが、では一体全体、何で働きつづけているかといえば、枯れることのないやりがいがあるからです。

飼い主や動物のために、持てる知識や技術を使って、治療・看護する。もちろん、力不足で期待にそえないこともある。お叱りの言葉を頂戴することもあります。それでも、苦しんでいた動物たちがしっぽをふって元気になる、それはとてもうれしい。なによりも、目の前の飼い主さんから感謝の言葉をもらえることは、この職業の本当にありがたい部分です。

ひとはだれでも、だれかの役に立ちたいと願っているとおもう。仕事というのは、貢献なのだとおもう。むしろ、仕事をさせてくれて、ありがとうございます、というのが究極的なところなのかもしれない。

そして、おなじようにおおきなやりがいが、ともに働いている同僚の役にたつことです。ともに成長していけたら、なお、うれしい。

毎日、仕事を無事に終えて思うのは、今日もみんなに助けてもらったなあ、ということです。

だから、サプライズのカードは、本当にうれしかったです。上手にいえませんが、お礼を言いたい相手から、お礼を言ってもらえた驚きとかうれしさとか、ありがたさとか、そんなきもちでいっぱいになりました。

飼い主さんとそのペットたち、そしてともに働いている仲間たちのために、よりよい動物病院を目指して、より一層、がんばりたいとおもっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妻に「誕生日プレゼントに、なにか買ってもいいんじゃない?」と言われて、「実は事後報告なんだけど、獣医学の雑誌の定期購読を申し込んじゃったんだ。3万円ちょっと。いいかな」。いいもなにも、事後報告なので、OKするしかないですね。積ん読にならないようにします。

posted by kaihin-amc at 10:55| Comment(0) | いろいろなこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。