2017年07月24日

注意喚起:「マダニ感染症、猫から感染 女性死亡」

ペットを飼っている方、野良猫などと接触する方に、厚生労働省から注意喚起のリリースが発表されています。厚労省のリリースはわかりづらいとおもいますので、日本経済新聞社の電子版より記事を引用いたします。
 厚生労働省は24日、野良猫にかまれた50代の女性がマダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症し、10日後に死亡していたと発表した。かまれたことが原因とみられ、猫からヒトへの感染事例が明らかになるのは初めて。
 厚労省や国立感染症研究所によると、女性は西日本に在住。昨年、衰弱した野良猫を動物病院に連れて行こうとして手をかまれた。数日後にSFTSを発症したという。女性がダニにかまれた形跡はなく、感染研は野良猫が最初に感染し、女性にうつしたとみている。
 これまでSFTSは森林や草地に生息するマダニに人が直接かまれることで感染すると考えられていた。
 厚労省は今年に入り、SFTSウイルスに感染し、発症した飼い猫と飼い犬も確認。感染はまれで、屋内で飼っている猫にはリスクはないとしているが、屋外にいる体調不良のペットに接触する場合は注意するよう呼び掛けている。

リリースでは「これらの事例は、稀な事例」とされていますが、「発症したネコやイヌの体液等からヒトが感
染することも否定できない」としています。

今回発症した猫の詳細な獣医学的な情報を知りたいところです。
なお、臨床獣医師や看護師などに対しては、以下の通知がなされています。
1 明確な基準はないが、患畜において発熱、白血球減少症、血小板減少症、食欲消失等の症状が認められ、さらに入院を要するほど重症(自力採餌困難等)で、かつ他の感染症が否定された場合に、SFTS ウイルスの感染についても疑う。
※確定診断にはウイルス学的な検査が必要です。検査方法等、技術的な内容の相談は 国立感染症研究所(info@niid.go.jp)にお問い合わせください。
2 SFTS ウイルスに感染した疑いのある患畜の取扱にはPPE(手袋・防護衣等)により感染予防措置をとり、汚物等を処理する際には次亜塩素酸ナトリウム含有消毒剤による処理やオートクレーブなどの加熱滅菌処理を行う。
3 日常的な対策としては、飼育ネコ・イヌを介した感染はまれと考えられること、屋内飼育ネコについてはリスクがないことから、過剰に飼育者の不安をあおらないように配慮しつつ、飼育者に対するダニの駆除剤投与についての指導を徹底し、飼育者は、ネコ・イヌの健康状態の変化に注意し、体調不良の際には動物病院を受診することを勧奨する。

診断基準が定まっていない点が、獣医師にとってむずかしい問題になりそうです。「発熱、白血球減少症、血小板減少症、食欲消失等の症状」は、あるタイプの免疫疾患に特徴的な所見ですし、「他の感染症が否定された場合」というのも、病原体の遺伝子検査の結果が出るまでには時間がかかりますから、その間の対応に苦慮しそうです。

ともあれ、咬まれないようにする、体調が悪そうなら受診する、といったことは、特別なことではありませんから、基本的なことをまずはこころがければいいのでしょう。

取り急ぎ、情報提供まで。
posted by kaihin-amc at 23:24| Comment(0) | 動物病院
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。