2017年08月03日

「エサ皿を取り上げて、かみついてきたら、安楽死の候補になる」

食事中の犬からエサ皿を取り上げて、かみついてきたら、安楽死の候補になる。

保護した犬を家庭に引き渡すとき、その犬が安全な犬か、あるいは危険な犬か、保護施設は見極める必要があります(以下は、ニューヨークタイムズの電子版の記事によるものです)。いままで、アメリカの保護施設では、最初の一文に書いたような方法を使い、犬の危険性を評価してきたそうです(もちろん、評価方法は複数あって、エサ皿を取り上げるのは、その一つにすぎません)。

ところが、最近、エサ皿を取り上げるこの方法は信頼性に欠けるとの研究結果が出てきました。

詳細は記事をご覧いただければとおもいますが、犬の生死を左右する方法の信頼性が揺らいでいるわけで、現場ではその問題に苦慮しているようです。

学生時代、日本の愛護センターを見学したことがあります。だれも犬や猫を殺したいとおもっているわけではありませんが、人手・収容能力・予算などの問題から、現実的にはそう簡単に安楽死ゼロを実現できない。

保護している犬は多いが、いわゆる里親候補のご家族の数は少ない。そうすると、どうしても、保護している犬に優先順位をつけなければならない。私が見学したセンターは、エサ皿テストをおこなっていました。いまのその方法を踏襲しているのなら、見直す必要があるかもしれません。

posted by kaihin-amc at 21:49| Comment(0) | 動物病院
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。