2017年12月30日

鳥と宇宙と2018年

k20171230.jpg

あっという間に一年が過ぎようとしています。ペットたちがみな元気に年を越せるといいのですが、闘病中の動物たちもいます。私たちの治療は完璧ではありせんが、少しでもおだやかな時間を送れるように手助けできればとおもっています。

そういえば、今年一年の抱負はなんだったかなあ、すっかり忘れていました。来年は具体的な目標を掲げよう。

ナショナルジオグラフィック誌は2018年、新シリーズとして「鳥たちの地球」をスタートさせています。「生態系に欠かせないだけでなく、人の心にとっても大切な鳥たち。2018年、本誌はその驚異の世界と、人間が鳥なしで生きていけない理由を探っていきたい」という。
世界にいる1万種ほどの鳥は、さまざまな環境に適応するため、驚くほど多様な形態に進化を遂げてきた。体の大きさも千差万別で、アフリカに広く分布するダチョウは大きいものでは体高が2.5メートルを超えるが、キューバにしかいないマメハチドリはその名の通りハチぐらいの大きさしかない。ペリカンやオオハシのように大きな嘴をもつ鳥もいれば、コバシムシクイのようなおちょぼ口の鳥もいる。地味な茶色の鳥も多いが、南アジアのルリオタイヨウチョウ、オーストラリアのゴシキセイガイインコのように、花よりも派手な極彩色をまとった鳥もいる。
行動も多様だ。社交的な鳥もいれば、孤独を好む鳥もいる。コウヨウチョウやフラミンゴは何百万羽もの群れをなし、インコは小枝を集めて手の込んだ大きな巣を作る。一方で、カワガラスは単独で山の渓流に潜り、ワタリアホウドリは翼開長が3メートルにもなる大きな翼を広げて、独りで悠々と大空に舞う。水深200メートルまで潜水できるハシブトウミガラスのような鳥がいるかと思えば、ハヤブサは時速400キロメートル近い猛スピードで空から降りてくる。セッカカマドドリのように小さな池のそばで一生を過ごす鳥もいるが、ミズイロアメリカムシクイのように、米国ニュージャージー州の木に営巣してから、はるばる南米ペルーまで移動し、翌年また同じ木に戻ってくる鳥もいる。
空を自由に飛べたなら、どんなにかワクワクするだろうとおもう。

毎朝、毎夜、空を見上げます。星座に疎い私でもわかるオリオン座を横切るように、飛行機が移動していきます。

国際宇宙ステーションがあるのは、地上から400キロメートルのところ。宇宙は地上から100キロメートルからはじまる(どこから宇宙とするからは、幾つかの考え方があるようですが)。

あと1日。引き続き精一杯仕事をしたいとおもいます。
posted by kaihin-amc at 23:50| Comment(0) | 動物病院
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。