2018年03月14日

お世話になりました:営業担当のKさんへ

1週間ぶりに記事を書きます。

今日まで学生の実習生が来ていました。診療や手術、看護の現場に接したことが、彼女の今後の勉学や針路決定になにがしかの刺激になればとおもいます。

今日はZ社の営業担当のKさんが最後の挨拶にいらっしゃって下さいました。予防薬などでお世話になってきましたが、4月から遠い土地に異動となります。さみしいかぎりですが、新天地でのご活躍を応援しています。風邪をひかないようにして下さいね。

動物病院はさまざまな方の力があって成り立っています。診療に直接かかわる部分だけでも、多種多様な薬(内服薬、注射薬、外用薬・・・)、ワクチン、フード、手術器具などがあって、どれ一つが欠けても最適な診療はおこなえません。どんなに鋭い診断をしたとしても、必要な薬の在庫がなければ、どうにもできません。途切れずにこうした品々を供給して下さるメーカーのみなさんにはとても感謝しています。

話は変わりますが、自宅で、本を詰めていたダンボールを整理しました。引っ越して以来、そのままにしてありました(本当はいつも見えるところに本を置きたいのですが、狭い賃貸アパートにはそんな余裕がありません。獣医学雑誌などは机の下などに何とか収容している状態です)。ダンボール1箱分ほどの本は処分して、詩集や写真集など、美しいというか、心が清められるというか、そのような本はいつでも取り出せるようにしておきました。ささやかなこころの贅沢です。

今日はたまたま開いた詩集から、いまのこころにあった作品を抜粋します(特段、今日の記事の内容とは関係ありません)。

 猫のボブ

赤と白のサザンカが咲きこぼれる
緑の垣根のつづく小道で、
猫のボブが言った。平和って何?
きれいな水? 皿? 静けさ?
それからは、いつも考えるようになった。
ほんとうに意味あるものは、
ありふれた、何でもないものだと。
魂のかたちをした雲。
樹々の、枝々の、先端のかがやき。
すべて小さなものは偉大だと。



posted by kaihin-amc at 23:09| Comment(0) | 動物病院
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。