2018年05月15日

コクシジウムと原生生物の世界

k20180515a.jpg

犬・猫の腸に寄生するコクシジウムの写真です。

コクシジウム? 聞きなれない名前だとおもいます。ウィキペディアで検索すると「コクシジウム(球虫、coccidia)類は消化管などの細胞内に寄生する原生生物の一群」とありますが、「原生生物」を正確に理解できる方はどれだけいるでしょう。

そこで原生生物を検索すると「生物の分類の一つ。真核生物のうち、菌界にも植物界にも動物界にも属さない生物の総称である。もともとは、真核で単細胞の生物、および、多細胞でも組織化の程度の低い生物をまとめるグループとして考えられたもの」とあって、この説明を読んでも、すっきりしません。

そこで、「原生動物園」というサイトに飛んでみると、原生生物がすごい生物群だということがわかります。以下、サイト内からの抜粋です。

 かつて生物の世界は、生き方をもとに分類されてきました。多細胞生物か単細胞生物か、 動物か植物か、 というようにです。その流れの中で、「原生動物」とは、単細胞で動物的特徴を持つ真核生物として扱われてきました。

 しかし近年、分子系統解析という遺伝子の配列から生物の系統関係を明らかにする手法によって、原生動物をめぐる分類体系は大きく変わっています。

 原生動物は、藻類や寄生性原虫、その他菌様体制をもつ真核生物とともに「原生生物」という大きな分類群に取り込まれ、更に、その原生生物の分類は、これまで生物の世界で主流とされてきた動物・植物・菌類をも巻き込んだ、大系統分類へと向かっていきます。動物・植物・菌類とは、原生生物が分岐していった枝葉の一部に過ぎず、それを上回る多様性が原生生物の世界には眠っているというのが、現在主流となりつつある考えです。

 原生生物の多様性をもとにした大系統分類において、真核生物は7つの主要グループ(スーパーグループ)に分けられています。アメーボゾア、オピストコンタ、アーケプラスチダ、ストラメノパイル、アルベオラータ、リザリア、エクスカバータです。それに加えて、未だ分類的位置の不確かな原生生物が多く存在します。
ワクワクしますね。肉眼で見えないから気づかないだけで、私たちの世界はまだまだ未知の生物に満ちているようです。

このサイトで閲覧・ダウンロードできる「付録・原生生物151 ポスター」には美しい、あるいは奇抜な形態のいきものたちの写真がのっています。獣医療になじみが深いのは「アピコンプレクサ」のグループですね。
posted by kaihin-amc at 23:22| Comment(0) | ペットの病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。