2018年05月17日

看護師のMさんのこと

看護師のMさんに初めて会った日のことは・・・忘れた。

海浜動物医療センターに就職希望で実習に来た私はかなり緊張していただろうから、Mさんを含め、誰と何を話したかなど、残念ながら、私の脳は覚えていない。ドラマのようにはいかないものです。

でも、Mさんとの出会いは、私に劇的な変化をもたらしました。

病院でなにか問題が持ち上がると、それがどのようなものであれ、Mさんはそのことについて心を痛める。そう、「心を痛める」という表現がもっともふさわしいように、私にはおもえる。まるで自分のことのように、自分の私生活での出来事のように、病院で日々発生する問題や課題に頭を悩ます。

それは、Mさんが海浜動物医療センターをよりよい動物病院にしようと心の底から願っているから、だとおもう。どうすれば、困っている飼い主さんの助けとなるか、どうすれば、もっと飼い主さんの心に寄り添えるか。

私が休み明けで出勤したときに、Mさんが「昨日、こんなことがありました。むずかしい症例でしたが、飼い主さんの心を救えるような方法がもっとあったんじゃないかっておもっていて・・・」、そんな話をすることもあります。

Mさんに出会えたことは、私にとって、感謝してもしきれぬ幸運です。Mさんのその優しい心根や病院に対するおもいに、私は感化されつづけてきた。ともすれば、冷静になろうとしすぎて、科学的に徹しようとしすぎて、飼い主さんや動物から離れそうになることがあって、そんなとき、Mさんからの一言で、私は性急にことを進めようとしていることにはっとしたりする。Mさんの言葉や行動は、私にとってのブレーキではない。私の針路をおだやかに正すやわらかな潮風。

こんなとき、院長はどう考えるだろうか、院長だったら、困っている飼い主さんに「待っていますから、来て下さい」とどんな時間帯であってもそう声をかけるだろう。判断に迷う出来事があるとき、私は2つの観点から考えてきた。
それは(1)飼い主さんが困っているなら、力になろう、(2)院長だったらどうするだろう。そして、最近、私は(3)Mさんはどうおもうだろう、と考えるようになった。

まだまだ未熟で、飼い主さんの心に寄り添えていない私ですが、それでも、さまざまな人たちの力を得て、少しずつ成長していると信じている。Mさんはそのうちの大きな1人だ。

普段、なかなか面と向かって言えないことがある。

Mさん、いつもありがとう。そして、もう少しバランスのとれた食事をとって下さいね。
posted by kaihin-amc at 00:08| Comment(0) | 動物病院
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。