2018年07月14日

ペットに輸血が必要になったとき

W様、先日は輸血にご協力いただき、本当にありがとうございました。おかげで輸血を受けたワンちゃんは貧血が改善して、その飼い主様もとても喜んでいらっしゃいました。

人間の医療では輸血はめずらしいものではありません。抗がん剤の治療、手術などで輸血をして、助かる命も多いでしょう(日本赤十字社のHPでは、27年度の血液事業の収入総額は1613億円。献血量は193万リットルと膨大なものになっています)。

反対にペットの世界ではその敷居は低いとはいえないのが実情です。
日本の小動物医療の世界では、輸血のシステムがまだまだ整っておらず、通院している犬や猫に輸血が必要になったとき、その対応は動物病院次第です。

「輸血用の犬・猫を飼っているので、輸血ができます」というところもあれば、「うちは輸血用の動物を飼う余裕はない。ご自身で大きなワンちゃんを連れてきてもらえれば、その子から採血をして、輸血をします」というところもあります。

輸血にはいわゆる拒絶反応を事前にチェックする「交差適合試験」という作業も必要で、人手の少ない動物病院では輸血ができる他院を紹介することもあります。

海浜動物医療センターでは、残念ながら、まだ輸血用の動物を飼育しておりません。
そこで飼い主様のご厚意に甘えて、供血できる条件を備えたワンちゃんたちに供血をお願いしています。

輸血は突然必要になります。飼い主様にもお仕事や都合があります。そうした中でも、なんとかこちらの事情にあわせて、愛犬を連れてきて下さる方がいらっしゃいます。本当にありがたいことです。また、当院で自前の犬を飼っていないことを申し訳ないともおもっています。

人間とおなじように、輸血が必要になったとき、迅速に血液を用意できたらどんなにかいいだろうと、いつも感じます。当面は飼い主様のご協力に頼らざるをえませんが、いずれは業界全体が動いて、しっかりとした輸血システムを構築するのが理想だと、個人的には考えています。

供血に理解を示して下さる飼い主様には、スタッフ一同、大変感謝しております。W様、本当にありがとうございました。
posted by kaihin-amc at 00:04| Comment(0) | 動物病院
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。