2018年07月26日

宇宙で一番暑い場所

やっと暑さが和らぎました。夜にエアコンを切ったのはひさしぶりです(私と妻が暑さにがまんできても、子どもたちが寝苦しそうにするので、エアコンは切れずにいました)。

暑いなあ、どこか涼しいところにいきたいなあと考えていたら、そういえば、温度って、どこまであがるんだろうと疑問におもいました。温度は分子の運動によるものだから、理屈では上限がなさそうですが、現実にはどこまでも温度があがるというわけではないようです。そのあたりはここのサイトがわかりやすいです(超超超・・・高温になるような天体はエネルギー量が膨大すぎて、ブラックホールに転じてしまうらしい)。

近々、NASAは太陽にむけて、探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を打ち上げます。耐熱仕様になっていて、太陽までの距離590万キロメートルまで接近するそうです(太陽と地球の距離は約1億5000万キロメートルもあります。590万キロメートルはその約4%。1メートル先に人間がいたとしたら、4cmまで接近して観察するということですね)。

宇宙のことをネット検索していたら、日本語の「単位」についてのサイト「巨大数研究Wiki」にたどりつきました。
万→億→兆→京→垓までは知っていますが、それ以上の単位は知りませんでした。「垓」の次は、𥝱→穣→溝→澗→正→載→極→恒河沙→阿僧祇→那由他→不可思議→無量大数。

阿僧祇(さそうぎ)は10の56乗。これがどれだけの巨大な数かというと「太陽は、約12阿僧祇個の水素原子を持つ」というから驚きます。

恒河沙(ごうがしゃ)はガンジス河の砂の数ほど多い、というところに由来するそうですが、「ガンジス河の砂の数は10の52乗よりはるかに少ない」そうです。

巨大な数のことを考えていたら、ドキドキ・ワクワクして、体温があがった気がします。暑苦しい記事で失礼しました。
posted by kaihin-amc at 23:10| Comment(0) | 日記

2018年07月21日

オクラの花が咲きました

k20180717.jpg

畑に植えたオクラが花を咲かせました。ややぶっきらぼうな印象のするオクラの実からは想像できない、きれいな花です。

k20180717b.jpg

猛暑に負けず、借りている市民農園の野菜たちはがんばって実をつけています。写真はある日の収穫です。今年はナスが順調です。

posted by kaihin-amc at 23:30| Comment(0) | 日記

2018年06月28日

いまさらながらの本を読みはじめる

先日、当院を担当して下さっている営業担当の方から「最近、どんな本を読んでいますか」といった趣旨の質問をいただきました。

最近はあまり本を読んでいない・・・。ちょっとずつは獣医学の勉強はしていますが、それは読書とはいえない。育児の本は机の上に6冊置いてあって、気が向いたら、どれかを手にしている程度。しいていえば、ロバート・A・ハインライン『宇宙の戦士』を読んでいる。325ページまで読みすすめた。しおりをはさむ習慣がないので、いつもどこまで読んだかなあと探して、読みおわったところに目を通すこともある。

いまさらながらですが、カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』『わたしを離さないで』を買った。小説を読みたいという欲求がひさしぶりにわいてきたらしい。現実のことばかりを考えている毎日だからだろうか。

最近考えているのは (1) 朝、立ち寄るスーパーで「イチゴスペシャル」という菓子パンの在庫があるか、(2) その日の診療と動物の具合、(3) 夕空はきれいだろうか、(4) 夕食はなんだろう、(5) 子どもたちはもう眠っているかな・・・です。テレビはもともとほとんどみない。ゲームはしない。お酒は飲まない。あー、なんて真面目な生活でしょう。

20代のときのように、朝目覚めて「京都のお寺をみにいこう」と決めて、さっと新幹線にのって、京都のビジネスホテルに泊まって・・・なんてことができれば素敵ですが、愛する家族を置いて、そんなこともできません。

でも、いまの真面目な生活も意外と肌にあっているともおもっています。私にはひそかな夢があるのですが(ひそかといいながら、病院では公言していますが)、江戸川区と美浜区を行き来する生活だって、なかなかに刺激的です。花一輪の美しさだって、受け止めきれない豊穣。今日の夕空の1秒の美しさでさえ、的確に表現する言葉を持たない。

明日、イチゴスペシャル、あるかな。
posted by kaihin-amc at 22:51| Comment(2) | 日記