2018年08月03日

ブログを移転します

暑い日がつづきますね。動物病院に動物を連れていらっしゃるのも一苦労かとおもいます。院内の冷房には気を配っておりますが、ご要望がございましたら、お声がけいただければ助かります。

さて、8月1日に病院のホームページをリニューアルいたしました。遅ればせながら、スマートフォン対応にするとともに、今後はトリミングやしつけ・パピーパーティーの様子をインスタグラムでお伝えする予定です。

それにともない、私が書いているブログも移転いたします。

ありがたいことに、私のブログの更新を楽しみにしていただいている方々がいらっしゃって、そのおかげで(更新が滞ることがたびたびですが)なんとか記事を書きつづけることができています。

今後はよりこまめに記事をアップしていけたらと考えています。気楽に読める記事も増やして、病院での出来事・私を含めた病院スタッフのおもいや考え方などをもっとお伝えしていこうとおもっています。
posted by kaihin-amc at 00:00| Comment(0) | 動物病院

2018年07月14日

ペットに輸血が必要になったとき

W様、先日は輸血にご協力いただき、本当にありがとうございました。おかげで輸血を受けたワンちゃんは貧血が改善して、その飼い主様もとても喜んでいらっしゃいました。

人間の医療では輸血はめずらしいものではありません。抗がん剤の治療、手術などで輸血をして、助かる命も多いでしょう(日本赤十字社のHPでは、27年度の血液事業の収入総額は1613億円。献血量は193万リットルと膨大なものになっています)。

反対にペットの世界ではその敷居は低いとはいえないのが実情です。
日本の小動物医療の世界では、輸血のシステムがまだまだ整っておらず、通院している犬や猫に輸血が必要になったとき、その対応は動物病院次第です。

「輸血用の犬・猫を飼っているので、輸血ができます」というところもあれば、「うちは輸血用の動物を飼う余裕はない。ご自身で大きなワンちゃんを連れてきてもらえれば、その子から採血をして、輸血をします」というところもあります。

輸血にはいわゆる拒絶反応を事前にチェックする「交差適合試験」という作業も必要で、人手の少ない動物病院では輸血ができる他院を紹介することもあります。

海浜動物医療センターでは、残念ながら、まだ輸血用の動物を飼育しておりません。
そこで飼い主様のご厚意に甘えて、供血できる条件を備えたワンちゃんたちに供血をお願いしています。

輸血は突然必要になります。飼い主様にもお仕事や都合があります。そうした中でも、なんとかこちらの事情にあわせて、愛犬を連れてきて下さる方がいらっしゃいます。本当にありがたいことです。また、当院で自前の犬を飼っていないことを申し訳ないともおもっています。

人間とおなじように、輸血が必要になったとき、迅速に血液を用意できたらどんなにかいいだろうと、いつも感じます。当面は飼い主様のご協力に頼らざるをえませんが、いずれは業界全体が動いて、しっかりとした輸血システムを構築するのが理想だと、個人的には考えています。

供血に理解を示して下さる飼い主様には、スタッフ一同、大変感謝しております。W様、本当にありがとうございました。
posted by kaihin-amc at 00:04| Comment(0) | 動物病院

2018年07月10日

呼吸悪化に気をつけて下さい

k20180709.jpg

猛暑と天候不順のせいか、状態の悪いペットたちが毎日来院しています。入院する犬や猫も増えています。

呼吸悪化に苦しむ犬も目立っています。フレンチブルドッグなど、いわゆる「短頭種」と呼ぶ犬の飼い主さんは気をつけてください。
「いびきをかきやすい」「がーがーという音をたてて呼吸をしている」といった犬たちは、この暑さや湿気で一気に呼吸状態が悪化して、ときには命にかかわることがあります。
咳がとまらない、呼吸が苦しすぎて吐いている・・・そうしたときは早急にご来院下さい。時間がたつほどに症状が悪化して、治療が難しくなることがあります(手ぬぐいなどで包んだ保冷剤をのどにあてて冷やすことは、とりあえずの応急手当には有効です)。

「泥のような下痢をしている」「吐いている」、そうした症状も最近は多いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西日本の豪雨では大勢の方が犠牲になっています。家族と離ればなれになったペットたちもいるのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さいわい、私が住んでいる東京・江戸川区では大きな被害は出ていません。今朝は美しい空が広がっていました。写真は6時半ごろ、ほぼ真東の空です。

夜、カルテを書いている途中、事務部のKさんと雑談をしました。生きものの不思議、地球の豊かさなどについて、ちょっと話をしました。あわただしい毎日ですが、Kさんとこうした話をすることで、1日の疲れがすぅーっと薄れるようでした。

posted by kaihin-amc at 00:14| Comment(0) | 動物病院