2018年06月25日

おひさしぶりです:最近の診察のこと、宇宙のこと

k20180625.jpg

おひさしぶりです。更新が滞っていました(いつも自宅のパソコンで記事を書いているのですが、原因はわかりませんが、このブログにログインできない状態になっていました)。

前回の記事から3週間。夜の緊急手術があったり、状態の悪い犬や猫の入院が相次いだり、気を緩められない毎日がつづいていました。このところの気温の変化で、体調を崩す動物も増えています。

私たちの力不足で、なかなか病状を改善できないこともありますが、ありがたいことに、日々、新患の飼い主さんがいらっしゃって下さいます。みなさんの不安な気持ちを汲み取り、期待に応えたいとおもいます。

夜7時になっても、空が明るい。昨日は夕焼けが美しかった。ひさびさにカメラを持ち出して、空をとってみる。社会が変わっても、文明が移り変わっても、地球の空はいつも美しいのだろう。ヴィム・ヴェンダース監督「ベルリン・天使の詩」には人間が登場する前の、しずかな地球の風景が描写されていたシーンがあったはずで、そこをながめている天使の姿が印象的だった。

空は宇宙とつながっている。大気圏と大気圏外の境界はあいまいで、空を見上げるということは、宇宙をのぞいていることに近いとおもう。

先日読んだ、故スティーブン・ホーキング博士の記事を取り出してみた(2018年4月22日付日本経済新聞)。

そこには博士の研究の歩みとして、こんなふうにまとめられていた。
1970年 宇宙が無限大の密度を持つ「特異点」から始まったことを証明
1971年 ブラックホールが蒸発して消滅しうることを証明
1983年 宇宙は境界条件のない無から生まれたとする「無境界仮説」を提案
無境界仮説は「虚時間という数学的な技法を用いて、空間と時間がまるで球面のように境界や端はない」という考え方らしい。

私にはむずかしすぎる話だけれど、壮大すぎる話はとても好きです。宇宙のことを考えると、明日もがんばろうとおもえる。
posted by kaihin-amc at 22:05| Comment(0) | 動物病院

2018年06月03日

「患者中心の医療」

k20180603.jpg

毎日新聞4月22日付朝刊に、中山和弘氏(聖路加国際大教授)のコラムがあった。その中で患者中心の医療に関する話が出ていました。私たち動物病院のスタッフにも参考になる点が多々あると感じました。備忘録を兼ねて、ここにアップしておきます。

どの質問にも「はい」と答えてもらえるような、そんな獣医療を提供できたらとおもう。
posted by kaihin-amc at 22:39| Comment(0) | 動物病院

2018年05月31日

みなの自己紹介を聞いて、たとえばAさんとコーヒーの物語

k20180530b.jpg

とある水曜日、4月からともに診察している三上獣医師・山根獣医師をはじめ、病院スタッフそれぞれが自己紹介することになって、みなのそれぞれの人生や趣味や家族の話などを聞きました。

いつも一緒に働いているのに、みなのことの一部しか知っていないのだなあ、という当たり前のことをしみじみとおもいました。
こんなにいろいろな経歴や生き方をしている人たちと一緒に働けることのありがたさを感じるとともに、みなの力に少しでもなれるようにしないとな、と気が引き締まるおもいがしました。

写真はエスプレッソ。看護師のAさんの自己紹介にコーヒーが登場したので。そうかあ、Aさんはいろいろなところで働いたことがあるんだなあ。その事実を知っただけで、なんだかAさんの魅力が10倍ほど高まったとおもう。Aさんは私が知らない土地の、知らない風景や知らない人たちを知っている。

ほかの人たちもゆたかな物語を生きている。そんなみなからの影響を受けて生きていけたらともおもっています。

長田弘さんの詩集『世界は一冊の本』から「旧師の死」の一部を引用します。

わずか23歳で死んでいった
ダルムシュタットの詩人の言葉。

いちばんつまらない人間だって
結構、偉大なものさ----

そいつを愛するのにも、人間の
一生じゃとても短すぎる----
posted by kaihin-amc at 01:07| Comment(0) | 動物病院