2018年05月17日

看護師のMさんのこと

看護師のMさんに初めて会った日のことは・・・忘れた。

海浜動物医療センターに就職希望で実習に来た私はかなり緊張していただろうから、Mさんを含め、誰と何を話したかなど、残念ながら、私の脳は覚えていない。ドラマのようにはいかないものです。

でも、Mさんとの出会いは、私に劇的な変化をもたらしました。

病院でなにか問題が持ち上がると、それがどのようなものであれ、Mさんはそのことについて心を痛める。そう、「心を痛める」という表現がもっともふさわしいように、私にはおもえる。まるで自分のことのように、自分の私生活での出来事のように、病院で日々発生する問題や課題に頭を悩ます。

それは、Mさんが海浜動物医療センターをよりよい動物病院にしようと心の底から願っているから、だとおもう。どうすれば、困っている飼い主さんの助けとなるか、どうすれば、もっと飼い主さんの心に寄り添えるか。

私が休み明けで出勤したときに、Mさんが「昨日、こんなことがありました。むずかしい症例でしたが、飼い主さんの心を救えるような方法がもっとあったんじゃないかっておもっていて・・・」、そんな話をすることもあります。

Mさんに出会えたことは、私にとって、感謝してもしきれぬ幸運です。Mさんのその優しい心根や病院に対するおもいに、私は感化されつづけてきた。ともすれば、冷静になろうとしすぎて、科学的に徹しようとしすぎて、飼い主さんや動物から離れそうになることがあって、そんなとき、Mさんからの一言で、私は性急にことを進めようとしていることにはっとしたりする。Mさんの言葉や行動は、私にとってのブレーキではない。私の針路をおだやかに正すやわらかな潮風。

こんなとき、院長はどう考えるだろうか、院長だったら、困っている飼い主さんに「待っていますから、来て下さい」とどんな時間帯であってもそう声をかけるだろう。判断に迷う出来事があるとき、私は2つの観点から考えてきた。
それは(1)飼い主さんが困っているなら、力になろう、(2)院長だったらどうするだろう。そして、最近、私は(3)Mさんはどうおもうだろう、と考えるようになった。

まだまだ未熟で、飼い主さんの心に寄り添えていない私ですが、それでも、さまざまな人たちの力を得て、少しずつ成長していると信じている。Mさんはそのうちの大きな1人だ。

普段、なかなか面と向かって言えないことがある。

Mさん、いつもありがとう。そして、もう少しバランスのとれた食事をとって下さいね。
posted by kaihin-amc at 00:08| Comment(0) | 動物病院

2018年04月28日

病気を克服した動物たちに感謝します

「奇跡のリンゴ」で知られる木村秋則さんが、こんなことをおっしゃっていました。

「それまではリンゴは自分の部下で、上から目線でリンゴのことをみていた。リンゴが全然実をつけず、私たち家族が貧乏になった。貧乏になって、自分がリンゴのおかげで生きてこられたことに気づいた。土下座をしてリンゴに実をつけてほしいとお願いをした」。

そんな趣旨のお話でした。

どのような仕事もそうなのかもしれません。

どんなに立派で高度な獣医療であっても、動物自身に回復する力がなければ、役にたちません。折れた骨同士を架橋するプレードをつけたとしても、それは仮止めに過ぎず、血液が栄養を供給して、骨を修復する動きが出てこなければ、骨はつながらない。膵炎で吐きつづけている動物に点滴や注射をしても、それは動物が膵炎を克服するまでの補助的なものでしかありません。

「治療のおかげで治りました」という飼い主のみなさんからのお言葉は、とてもうれしいものです。そのために私たちは治療にあたっています。

でも、私たちこそ、がんばった動物たちに感謝をしたいとおもっています。むずかしい手術や内科的治療で元気を取り戻したペットたち。そのペットたちを飼い主さんのもとにお連れするとき、よかったなあとおもいます。それと同時に、その動物が回復する力を持っていたことの幸運というか、動物の奮闘というか、そのようなものをありがたいともおもいます。

驕りたかぶるほどの優秀な頭脳は残念ながら持ち合わせていませんが、これからも、謙虚な気持ちで診療にあたっていければと考えています。

ゴールデンウイーク中も通常診療しています。なにかあれば、いつでもご来院・ご相談下さい。
posted by kaihin-amc at 23:23| Comment(0) | 動物病院

2018年04月08日

三上獣医師・山根獣医師が加わりました

お二人の獣医師が4月より、海浜動物医療センターのメンバーに加わりました。

三上獣医師と山根獣医師です。

お二人とも丁寧な診察をする獣医師です。飼い主さんの言葉にしっかりと耳を傾けられる獣医師だとおもいます。ともに働けることにワクワクしています。

予防シーズンがはじまって、病院にはワクチン接種やフィラリア検査に来院する犬が続々とやってきています。その一方で重い病気のペットたちも次々と来院しています。

三上獣医師・山根獣医師と力を合わせながら、不安な気持ちの飼い主さんとペットに寄り添った診察ができればと考えています。

posted by kaihin-amc at 22:45| Comment(0) | 動物病院